カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 46)直流安定化電源 GZV4000の修理
FC2ブログ




46)直流安定化電源 GZV4000の修理

ここ数年、24時間連続稼働していた直流安定化電源(第一電波:GZV4000)が急遽、ダウンしてしまった。長い間、動いていたがおそらく経年変化などで部品も劣化してダメになったのかなあ?と思っていたが、この電源の替わりになるものが無いので、ネットで回路図を探したが見当たらない。そこで修理した記事の掲載がWEBに無いかを見ると確かに同じような個所の修理が多い。不具合現象はとにかく電源が入らない。WEB上から修理した内容部分の回路図を発見。どうも補助電源(内部のVCC出力)回路に不具合があると言う予備知識を得て、早速、ケースを開けてみた。

1)Q1周辺(補助電源回路)のプリント基板焼損している。
 ▼このくらいひどいのであれば・・・・プリント基板のパターンは大丈夫か?
基盤の焼損

2)Q1 アップ写真(これはひどい)
▼目視で確認できるのはR12がひどく焼けている。
部品破損周辺

3)今回入手した回路図(補助電源回路部分)
補助電源回路
4)プリント基板の点検
本プリント基板のサービス性は電源の性格上、コネクター抜き差しは極力少なく設計されている為、特に太めの線材で配線されている部分はプリント基板直付けになっていることから取り外し、取り付けに苦労した。
サービス性が良ければ回路図を見ながら段階的に不具合個所を探るのですが、プリント基板を外した段階で、部品定数、パターンの欠損等の確認を実施した。
不具合部品は①R12 100Ω断線 ②C21 33uFの容量抜けの2個所であった。プリント基板パターンは数箇所に断線個所を発見されたのでスズメッキ線で補修した。パターン破損は特(Q1部分)に部品ラウンド部分が多く、プリント基板をじっくり目視しないと解らない部分が数多くあった。
それ以外でも長年稼働していたこともあり、部品表面が変色していたR9 100Ω、R7 300KΩ、R8 120Ω(回路図では1MΩ)、ZD1 9.1V/0.5W(回路図では10V) を交換してみた。

4)上記内容実施結果
半信半疑で上記内容を行ない早速、電源投入するとメデタク正常動作するようになった。
今後修理する時の課題
4-1)補助電源周辺に使用さている抵抗は金属皮膜で電力的に余裕はありそうですが、長期間連続的に稼働させるにはもう少しワット数の大きいものにした方が良さそうである。(抵抗発熱で周辺コンデンサー容量低下が懸念される)
4-2)Q1補助電源スナバ回路としてR8 120Ωを取り付けてあったが、回路図では1MΩ1Wに変更されているので、今後の修理などでケースを開ける時は1MΩに変更した方が良いかも知れません。(この抵抗値はQ1のスイッチングスパイクを低減させるものである)

*参考:本直流安定化と同じものを更に1台所有していたが、過去に故障してそのまま、眠っていた。そこで今回の学習で眠っていた電源を引っ張りだして来て、カバーを開けて見た結果、上記した内容と程度に違いはあるものの同じような不具合結果でした。早速、同じように部品交換、プリント基板修繕したら正常動作するようになった。めでたしめでたしでした。
スポンサーサイト



[ 2018/07/14 10:08 ] 修理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://sono3343.blog.fc2.com/tb.php/49-dabab9f2