カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 45)ATAS-100の故障品修理 その4 (最終)
FC2ブログ




45)ATAS-100の故障品修理 その4 (最終)

過去3回(38.43.44)にわたりATAS-100に於ける故障修理内容を掲載して来ましたが、最終的には樹脂ボビンとRemote-unit交換(ATAS-120Aのもの)で正常動作するようになりましたが、果たして樹脂ボビン内部の何が不具合なのか判らずにいましたが、今回、ATAS-100の樹脂ボビンをばらして原因を探ってみました。
その結果、樹脂ボビン内部のコイル半田付け不良でした。長年経過すると劣化は否めないと思われますが、それにしても外部からの機械的強度、ストレスに対してもうちょと改善(最新のATAS-120Aは改善されていると思いますが)して欲しいものですね。詳細は下記に掲載していますのでご覧ください。尚、この『ATAS-100の故障品修理』に於ける掲載は4回目ですが、これで最終となります。

▼樹脂ボビンとRemote-unitを分離した様子
樹脂ボビンとRemote-unit分離

▼樹脂ボビンをパイプカッターで切断し、破壊した様子
樹脂ボビンを破壊

▼樹脂ボビン内部構造と回路図のスケッチ
樹脂ボビンの中にはテフロン製?のボビン径17mm(白)のものがあり、そこには1mmΦの銅線が13ターン程、コイルが巻き付けてある。コイルの表面からはV/UHF帯の対応でしょうか?コンデンサー3個が取り付けられてある。(詳細は不明)
樹脂ボビン内部構造図と回路図

▼半田付け不良とクラック発見(これが不具合原因か?)
先の回路図でも解るようにBase側のアースラインに取り付けてあるコイルの根元の半田付けはまともじゃなさそうである。典型的な半田付け不良ではないだろうか?。また、クラックが入っている方は直ぐにでも取れそうな状態で取り付いている。これでは正常に動作しなくなるのは納得出来る。
半田付け不良-2

▼半田付け不具合個所を強制的に除去した状態
半田付けされているラグ版?は弱い力で簡単に取れた。その半田付けの形跡を見ただけで確かに劣化している部分もありそうだが、正常な半田付けがされているとは言い難い。

強制的に外した部分-2

▼ コイル3ヶ所のコンデンサー処理の状態
ボビンに13ターン程、コイルが巻き付けてあるが、その銅線表面からコンデンサーが半田付けされシリコーン樹脂でコーティングしているがこれにはさすがに参った。あなただったらどう思いますか?。
コンデンサ取り付け処理-2

*数十年前には『メイド・イン・ジャパン』と言うことを良く耳にした。また、世界的にあっと言わせた。確かに日本製品は絶対的なものを持っていたが、いまだに数十年前と同じモノづくりが継続されているのだろうか?。製品の品質や信頼性はどの時代になってもモノづくりの必須条件であることを再認識させられた。
スポンサーサイト



[ 2018/05/27 16:06 ] 修理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://sono3343.blog.fc2.com/tb.php/48-612dab9e