カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 22)アンテナローテーター用コントローラーランプ切れ修理
FC2ブログ




22)アンテナローテーター用コントローラーランプ切れ修理

今回は友人からアンテナ回転させるモーターコントローラーのランプ切れの修理依頼があり、修理した内容を掲載する。
ローテーターのメーカー・型番などは下記の通りである。
■メーカー:Kenpro(ケンプロ)
■型番  :HIGH SPEED ROTOR MODEL HR-1300

1)中味解体と観察
数ヶ所のビスでケースを取り外し、ランプ取り付けの部分を観察したら今では余り見かけられない超小さなランプが取り付けてあったが、フィラメントは断線していた。ランプ両端の電圧を測定したらAC18V程度の電圧が供給(写真の緑線二本)されていた。従来から取り付けてあったランプは以下の通り。
従来のランプ

2)ランプ取り付けの改善
従来は交流電源で動作させるランプの取り付けであったが、今後はもっうちょっと長寿命化を図ることと周辺の取り付け板(アクリル)に熱などで悪影響を及ぼさないようにと高輝度LEDを採用することとした。従来の交流電源(AC18V)を活用し、直流電圧を得る為に整流素子(全波)を基板上に追加した。
2-1)AC18V供給と全波整流子追加
LED電源回路追加

2-2)プリント基板裏面にLED電流制限抵抗器追加
裏面にLED制限抵抗追加

2-3)高輝度LED取り付け(従来のランプでアクリル融け発生)
LED追加部分

3)高輝度LED取り付け(完成状態)
LED点灯状態

*部品交換の所感
現代ではとても考えられないランプ取り付けをされているのにはちょっとびっくり。でも発熱などで発火しなかったのは不幸中の幸いかもしれませんね。今後はLEDに交換したのでもうしばらくはランプ切れはないでしょう。大事に使えそうです。
スポンサーサイト



[ 2015/11/06 14:07 ] 修理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://sono3343.blog.fc2.com/tb.php/24-fb1e0f6d