カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 14)宮城県 『権現森:ごんげんもり』 里山山行
FC2ブログ




14)宮城県 『権現森:ごんげんもり』 里山山行

新年(2014年)になって里山へ行くのは今回で二回目。今年の年始はいずれも晴天に恵まれ家の中でごろごろするよりも里山で汗を流すことの必要性を感じて主に近隣の里山を選択。今回は仙台市西部郊外にある小連峰の権現森(ごんげんもり) 標高314m に出かけることにした。
自宅から車で50分ほどで登山口に到着する。権現森は仙台と山形を結ぶ仙山線陸前落合駅の西側に面し、広瀬川を渡って右折し、しばらく行くと『見晴らしの森』の石碑がある。その場所が登山口の葛岡コース登り口であるが、近くには駐車場が無いので車で行くには近くの空き地などに止めなくてはならない。登山コースとしては五ヵ所あるらしいがこのコースが一番整備されているとか・・・・・。

1)日時:2014年1月4日(土) am 10:20 ~ 12:30
2)場所:宮城県仙台市青葉区 『権現森:ごんげんもり』
3)天候:晴れ
4)所要時間: 往復 ≒ 二時間程度

■判り難い登山口:(右下が広瀬川。100m程しばらく手前側から道路を歩く)
登り口手前道路

■葛岡登山コースの登口(見晴らしの森の石碑がある)
登山入口

■登山コースの案内図(今回は矢印方向の往復路を選択。途中、南峰にある松尾神社に寄ることとした。)
案内図

■登山口登って直ぐの所
登って直ぐの所

■しばらく(15分程)登ると『もみの木広場』がある。
もみの木広場

■登る途中、左側に権現森頂上が見えてくる。
目指す頂上

■松尾神社入口の三差路(右方向へ登る)
松尾神社への標識

■途中にあるカラマツ三兄弟(名称がユウモア・・・・)
カラマツ三兄弟

■ここからしばらく(10分程度)登ると松尾神社へ到着。(標高:293.7m)
松尾神社

■松尾神社周辺にある看板
松尾神社側の看板

■松尾神社直ぐ側の中継局鉄塔(目印にもなりそう)
松尾神社側の鉄塔

■松尾神社からの眺め(観音様が見えている。この方向下側は東北自動車道と北環状線が走っている)
松尾神社から望む観音様

■松尾神社を背に下り、活牛寺コースから頂上を目指す。途中のカタクリ園標識。ここの歩道はほとんど平坦地になっている。(春にはカタクリの群生が見られそう?)
カタクリ園標識

■カラマツ通りの標識(両脇にカラマツ)
アカマツ通り

■歩道にはこんなものが。(おじゃま石)
おじゃま石

■活牛寺・権現森への標識
権現森への標識

■向田口方面(権現森コース)との交差点標識(ここまで来れば頂上は直ぐ。(この左下側には射撃場があるので時々、迫力満点の射撃の音が聞こえてくる。)
向田口と頂上の分岐点標識

■頂上直下にある看板
東屋直下の看板

■頂上直下にある丸太椅子(この椅子は近くの小学生が製作したとか・・・設置するのに大変だっただろうね。感謝、感謝)
東屋直下にある丸太椅子

■頂上までの標識(頂上には東屋がある)
頂上直下の標識

■頂上(東屋が頂上になっていてその中に標高 314mの標識がある。頂上からの展望は望めない)
頂上にある東屋

■頂上から少し下がった(丸太椅子設置場所)箇所から遠くまでの絶景が望める。(南西側)
頂上からの絶景

■頂上から少し下がった(丸太椅子設置場所)箇所から『戸神山』も望める。
頂上からの戸神山

■下りは活牛寺には行かず活牛寺コースから葛岡コースを逆戻りする。(途中、西側歩道には多くの残雪があった。)
西側には雪が・・

※ここの名称は松尾権現という人の名から付けられたというが、何故か『見晴らしの森』とも言われている。周辺は宅地開発が進み森林は激減している場所でもある。近くに駐車場、トイレなどはないので車で行く場合は、登り口から少し離れた場所に駐車するつもりで行くことを覚悟しなければならない。
今回のコースは歩道も整備されているので気楽に出かけられる場所でもある。

スポンサーサイト



[ 2014/01/05 19:24 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://sono3343.blog.fc2.com/tb.php/14-edbfcdc5