カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 2018年09月
FC2ブログ




48)久々の旅行記

今回は久々に一泊二日の弾丸ツアー?に申し込み参加(2018年9月26日~27日)してみた。コースは早朝、仙台空港から伊丹空港経由で、『お伊勢参りと紀伊半島の絶景巡り』の旅。天候は残念ながらあいにくの天気でしたが、帰りの午後からは晴天に恵まれ久々の楽しい旅であった。

一日目 ANA732便 仙台発
➀豊受大神宮(外宮) とようけだいじんぐ(げくう)
天照大神(あまてらすおおみかみ)の食事を司る神の受大神(とようけおおみかみ)をまつっているところで、衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神であるという。(神宮司庁広報室資料による。)

▼お伊勢参り(下宮)-御殿地
お伊勢参り-1 外宮(御殿地)

▼お伊勢参り(下宮)-正宮   *内部の撮影禁止の為、外部だけの撮影
お伊勢参り-2 外宮(正宮)

②皇大神宮(内宮)
皇室の祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀っており、我が国で最も尊いお宮である。二千年の時を超えて今日に伝えているという。(神宮司庁広報室資料による。)

▼お伊勢参り(内宮)-宇治橋
お伊勢参り-3 内宮 (宇治橋)

▼お伊勢参り(内宮)-正宮   *内部の撮影禁止の為、外部だけの撮影
お伊勢参り-4 内宮(正宮)

③宿泊:南紀勝浦温泉
今回宿泊した宿はポンポン船で五分程の所にあり(徒歩では遠い)、大浴場が5つもあり、その中でも大洞窟温泉と言う『忘帰洞』は波打ち際まである浴槽は波のしぶきで迫力満点で素晴らしい。

▼ホテル浦島全景
宿泊先-2 ホテル浦島全景

▼ポンポン船から望むホテル浦島
宿泊先-1 ポンポン船からホテル浦島

二日目

④那智山めぐり
④-1 ▼世界遺産熊野古道:大門坂の散歩
熊野古道 大門坂

④-2 ▼那智の滝
垂直の断崖に沿って落下し、落ち口の幅13メートル、滝壺までの落差は133メートル。総合落差では日本12位だが、一段としての滝としては落差日本1位。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられている。(文献より)
那智の滝

④-3 ▼那智大社
那智大社

⑤▼橋杭岩(はしくいいわ)大小40余りの岩が順番に並ぶ。
橋杭岩-1
▼出来上がったメカニズム
橋杭岩-3

⑥潮岬
本州最南端 東経135°46′ 北緯35°26′      本州最南端訪問証明書 NO.007866
▼潮岬タワー                                                       ▼潮岬タワーより望む
潮岬タワー潮岬タワーより望む

⑦三段壁洞窟(さんだんべきどうくつ)
断壁上に設置されているエレベータで地中36mに降りると洞窟内部を観覧出来る。
▼洞窟入る前、絶壁の様子                                           ▼洞窟内のパワースポット?
三段壁-1三段壁-2

⑧最終見学場所は 紀州と言ったら 梅干し工場見学

帰宅  ANA739便 伊丹発 仙台 20:55 着(若干の遅れ)

*今回の旅は冒頭でも記述したように弾丸ツアーに他ならなかった。短時間で多くの場所を見学し、多くのことを学んで来た様に思う。
『百聞は一見に如かず』というが、どの年代でも旅をして多くを学ぶのが一番いいかも・・・・・改めて感じた。みなさんはどうですか?。
スポンサーサイト



[ 2018/09/30 15:50 ] 行楽 | TB(0) | CM(0)