カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 2012年01月
FC2ブログ




2)里山山行 『三方塚⇔外山(そとやま)⇔五社山(ごしゃざん)』

従来から自宅の近く(25kmはあるが・・)にあり、登りたかった里山の一つでもあるが、中々、登ることが出来ずにいた。今年の山登り第二回目は、『五社山』とした。
五社山は標高295.1mで、現在は頂上らしきものとして三角点のみで特に標識らしいものは存在しない。五社山の足下に名取市の耕土、そして太平洋を一望に見渡す眺望の地でもある。山頂(展望台)には五つの石祠が並んでいる。
ここから外山へと続く稜線は快適な尾根路で40分ほどのアップダウンを超えると名取市一番の山「外山」に到達する。外山は名取市で一番高い山で標高314m。名取耕土に張り出した丘陵の先端にある。
更に南側へ進むと三方塚(326m)の縦走路がある。三方塚は岩沼市の最高地点でそれを示す標識もあり、名取市・村田町・岩沼市の3市町の境界がここ一点に集まる。
今回は岩沼市街から村田町方面に県道25号線を西に向うと東北新幹線をくぐる。その直ぐ近くにある中井地区から岩蔵寺方面(道路に看板あり)に右折し大滝登山口を目指す。右折した道路を2~3Km位車で入ると大滝登山口に到達する。途中の岩蔵寺からは車一台がようやく通れる狭い道路なので気をつけて道なりに進む。終点に志賀高原ハイキングコース大滝口登山口があり、そこから牛道峠を経由して三方塚⇔外山⇔五社山のコースに挑戦してみた。

1)実施日時:2012年01月08日(日) am 9:10 ~ pm 1:20
2)同行者:X-YL、sono   計 2名
3)コース:大滝登山口 ⇔ 牛道峠 ⇔ 中継局 ⇔ 三方塚(326m) ⇔ 外山(314m) ⇔ 五社山(295.1m)
(登りは五社山頂上まで1時間50分程度、下りは1時間40分程度)
4)天候 :晴れ(ところどころに1cm程度の積雪)

                           大滝口登山口にある標識(駐車三台程度)
CIMG0002.jpg

                           登山口(登り始めは沢を登る)
CIMG0044.jpg

                           しばらくは左側にある沢の側を登る
CIMG0041.jpg

                           登山道路も木材が倒れているので注意要する。
CIMG0040.jpg

                           沢を登りきると志賀高原ハイキングコース牛道峠に出る。
CIMG0002.jpg

                           少し登ると中継所鉄塔が見えてくる。
CIMG0035.jpg

                              三方塚の標識
三方塚標識

                           三方塚を過ぎた場所に外山方面の標識
CIMG0014.jpg
                              
                                外山頂上標識
CIMG0018.jpg

                       外山頂上からの眺望(太平洋沿岸)真下の街は愛島台
CIMG0019.jpg

                           外山から五社山へ向う途中のアップダウン(三箇所?)
アップダウン
                                                   

                           五社山展望台広場入り口の看板
CIMG0024.jpg

                            ここが五社山の頂上(三角点)
CIMG0026.jpg

                   五社山頂上から100m程、戻ったところに展望台(正確には六つの石祠)がある。
CIMG0027.jpg

                    五社山展望台からの眺望(名取市方面 白い線が仙台空港アクセス線)
CIMG0031.jpg



スポンサーサイト



[ 2012/01/09 14:21 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)

1)里山山行 『鹿狼山』 429.9m

新年明けましておめでとうございます。昨年は3.11の震災で大きな被害があったり、精神的にダメージが大きかったことなどがあり、山登りは自粛していましたが新しい年を迎え2012年は新たな気持ちでスタートしました。
今年の山登りの第一回目は、『鹿狼山』です。
宮城県丸森町と福島県新地町にまたがる、標高429.9mの低山で、例年ですと歩きやすい「ハイキングコース」ルートから登りますが、今回は、あまり訪れる人も少ないという「蔵王眺望コース」から挑戦してみました。

1)実施日時:2012年01月02日(月) am 9:10 ~ pm 2:00
2)同行者:X-YL、sono   計 2名
3)コース:蔵王眺望コース ⇔ 連絡コース2 ⇔ 連絡コース1 ⇔ 鹿狼山山頂(鹿狼神社)
   (登りは頂上まで一時間程度、下りは40分程度)
4)天候 :晴れ時々曇り(積雪なし)

『鹿狼山の概要』
鹿狼山は福島県相馬市の北に位置する新地町と宮城県境にあり、標高は430メートルと比較的低い割には頂上からの眺めが見事で四季を通じて登山の楽しめる眺望の山です。特に晴れた日は太平洋の大海原が眼前に広がり反対側には蔵王の山や吾妻山系も見え360度パノラマの景色が楽しめる。冬でも登れる山、足慣らしの山、初心者の山としても人気の山です。

丸森町大内から車で鈴宇峠に移動し、二車線の立派な道路を峠越えし「蔵王眺望コース」の登山口があり、数台駐車スペースがある。最初の登りは約300mの直登。そこを登りきればほとんどの道は尾根を歩く。この時期は蔵王連峰を望めますが、杉の木に邪魔されて、望める空間は少な目です。けやきの森コース分岐が展望台になっていてベンチ?があり太平洋と山頂の眺めが良いです。そこから鹿狼山頂は近い。鹿狼山頂直前に高低差50mはありそうな、超・急登が目の前に現れ、ロープを頼りにゆっくり登ることになります。

登山口のコースマップ
登山入り口マップ 

平坦な尾根
CIMG0016.jpg

要所要所に山頂までの道しるべ
CIMG0011.jpg

頂上直前のロープ
頂上直前ロープ

鹿狼山山頂(360°パノラマ展望)
鹿狼山頂上


山頂から太平洋沿岸望む
CIMG0015.jpg

[ 2012/01/05 11:48 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)