カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2021/7/26) 他
fc2ブログ




58)初歩でも簡単に出来るCPU交換

昨年(2020年)から新型コロナウィルス感染拡大などで記事の掲載を中断していましたが、以前使っていたPC(Tosiba dynabook)がちょっとスピード遅かったのでお蔵入りしていたが、CPU交換することで少しはスピードアップして使えるようにならないか?トライしてみたので紹介する。

1)PC仕様の概略
     Toshiba dynabook 2012年 秋冬モデルのT552/36で当時、新品で購入し、OS Windows8が搭載。
     CPU:インテル Celeron B830 (チップセット HM70)
動作周波数:1.80GHZ 2コア/2スレッド キャッシュ 2MB
対応ソケット:FCPGA988
購入当時は最新モデルで動作スピードには不満なく、暫く使っていたが、その後、Windows10がリリースされた為、上記仕様でOSをwindows10にバージョンアップしたが、動作が鈍く(スピードが遅い)今まで使わずにいた。

今回交換したCPUはインテル Celeron B980で動作周波数 2.4GHZ/2コア,2スレッドのものを採用した。
(交換する為のCPU選定は、予め互換性のあるものを調査し、特に対応ソケットに注意する必要がある。)

2)CPU交換のいきさつ
今までDISK TOP, Note PCのバージョンアップ及び修理などを手掛けて来たが、最近になってCPU交換記事が多く目につき、以前(上記内容)からお蔵入りしていたPCのCPU交換へチャレンジし、多少の成果が得られたので紹介することにした。

3)CPU交換の手順(概略)
3-1)CPU交換のdynabook T552/36G パネル面  3-2)PC裏面(バッテリー・黄色・白部分のビス外す)
dynabookのパネル面 dynabook裏面

3-3)裏カバービスを外した後、カバー外す。    3-4)CPUヒートシンク取付部分
裏面カバー外した状態 cpuヒートシンク取付状態

3-5)CPUヒートシンク外す。(ビス4ケ所)     3-6)CPU基板取り外し(左方向へビス1ヶ所を回す)
cpuヒートシンク外し cpu取付基板外し

3-7)CPU基板取り外しの時にインデックス確認   3-8)CPU基板ソケットの状態
cpu基板インデックス表示 cpu 取付ソケットの状態

3-9)CPU基板に取り付けてあった「B830」を外して予め用意した「B980のCPU」と交換し、その後、 3-7) → 3-2)の順番に実施し、CPU交換を完成させる。 尚、その場合、ヒートシンク取付の場合は放熱用グリスを塗布して取り付けること。

4)裏面カバー・バッテリーを取り付けてCPU交換の成果を確認する。
今回は容易に入手出来るフリーソフトCPU-ZでCPU交換前と交換後を相対的にスコア表示比較で性能の確認した。
結果は以下の通りでした。
 
 ■CPU交換前の動作確認状況(B830)        ➡   ■CPU交換後の動作確認状況(B980)
B830 cpu動作状態 B980 cpu動作状態

◆B830交換前のCPU Bench状況             ◆B980交換後のCPU Bench状況
B830 cpu-Bench B980 cpu-Bench

5)CPU交換の結果
CPU交換前後の相対的スコア比較はCPU Benchを見るとシングルスレッド(172→236.6)、マルチスレッド(339.9→466.4)表示で倍以上の値は見れなく期待していた程の結果には至らなかった。
但し、今回、初めてCPU交換にチャレンジし、実際にPC稼働させた時の感触としてスピードも改善し、しばらくWindows10で使用出来そうであることを実感した。(Windows11リリースされたらどうなるか定かではない)
あなたも遅いと思うPCがあればCPU交換にチャレンジしてみてはどうでしょうか。


[ 2021/06/10 07:38 ] | TB(-) | CM(-)

57)最近のe-QSL収集状況

2021年は昨年からの新型コロナウィルス感染拡大の影響で自宅での自粛が多くなっているが、相変わらずコンディションが今一で、時間帯によっては7メガと14メガ以外はパッとしない。今回は、前回報告からようやく 3 Countriesのe-QSLの回収が出来たので紹介する。アフリカはロングパスのようであった。

1) GHANA
9G5FI.jpg

2) GABON
TR8CA.jpg

3) Marshall Is
KX4QD.jpg

4) Ecuador
HC1M.jpg

E-QSL カウント
[ 2021/02/08 15:32 ] | TB(-) | CM(-)

56)年末年始に国際宇宙ステーション(ISS)から送られて来た静止画像 その④

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくね。
昨年暮れから宇宙ステーションから送られてきたSSTV画像を掲載していますが、今回(12/31~1/1)は天候の関係かは定かではありませんが(飛行角度にも寄りますが)、良好な画像は少なく、特に2021年1月1日(午前中)は雪が降っていることもあり、受信画像の数は最低(二枚だけ)でした。今回受信した画像の中でも鮮明な画像だけを下記に掲載しました。

2020年12月31日(木)
202012310025(2020年12月31日 00時25分示す)     202012310029(2020年12月31日 00時29分示す)
202012310025.jpg 202012310029.jpg

202012310204                          202012310655 
202012310204.jpg 202012310655.jpg

202012310831                          202012310835
202012310831.jpg 202012310835.jpg

2021年1月1日(金) 2021年最初の画像
202101010114.
202101010114.jpg

以上で終了。
[ 2021/01/01 12:00 ] | TB(0) | CM(0)

55)国際宇宙ステーション(ISS)から送られて来た今年最後の静止画像 その③

連日送られてくる鮮明な画像をピックアップして以下、掲載する。(それにしても今回の画像は素晴らしく安定していた)

2020年12月30日(水)
202012300112(2020年12月30日 1時12分を示す)     202012300116(2020年12月30日 1時16分を示す)
202012300112.jpg 202012300116.jpg

202012300248                          202012300430
202012300248.jpg 202012300430.jpg

202012300607                          202012300744                             
202012300607.jpg 202012300744.jpg
[ 2020/12/30 14:09 ] | TB(0) | CM(0)

54)国際宇宙ステーション(ISS)から送られて来た今年最後の静止画像 その②

先に掲載したSSTV受信画像の継続(12/28~12/29) 分。先日の枚数から12枚中全てが受信出来た。もう少し受信継続し鮮明な受信画像にチャレンジする。

2020年12月28日(月)
202012280113(2020年12月28日 1時13分JST)        202012280246(2020年2時46分JST)
202012280113.jpg 202012280246.jpg

202012280250                           202012280424
202012280250.jpg 202012280424.jpg

202012280428                           202012280920
202012280428.jpg 202012280920.jpg

202012280924                           202012281055
202012280924.jpg 202012281055.jpg

202012281059
202012281059.jpg

2020年12月29日(火)
202012290835                           202012291007
202012290835.jpg 202012291007.jpg

202012291012
202012291012.jpg
[ 2020/12/29 23:52 ] | TB(0) | CM(0)

53)国際宇宙ステーション(ISS)から送られて来た今年最後の静止画像 その①

国際宇宙ステーション(ISS)からアマチュア無線局運用プログラムである『ARISS Amateur Radio on the ISS』が20周年を迎えるのを記念としてISSから145.80MHZ FM MODE でSSTVを使用した静止画像が送られてくるというので受信だけであるが、今回もチャレンジしてみた。尚、国際宇宙ステーションのコールサインは「NA1SS」が使用されている。(一部、hamlife.jp掲載記事抜粋)

今回は今年(2020年)最後で長期間の送信となっているようです。世界標準時間の2020年12月24日16時40分から12月31日18時15分までの間(日本時間の12月25日1時40分から2021年1月1日 3時15分まで)
詳細は→ https://www.jamsat.or.jp/pred/
小生の場合はsendai japan G.L QM08KG https://www.jamsat.or.jp/pred/sendai/iss.txt を参照にし、衛星通過時刻を把握している。                                                  
日本上空に飛来した時に送信画像の全てを良好な状態で受信することは困難であったが、今回受信に成功した画像(12/25~12/27 JST)を掲載するのでご覧ください。

1)受信設備
 無線機:TS790 145.80MHZ FM MODE
 アンテナ:11mH GP(給電点)
 ソフトウェア:MMSSTV mode PD120 + パソコン Let note CF-S9 (Windows 10)

2)受信日時
 2020年12月25日 03:32 ~ 2020年12月27日 11:45

3) 受信画像は以下の通り  (*左上の数字は受信日時JSTを示す。)

2020年12月25日(木)
202012250332(2020年12月25日 3時32分JST)      202012250337(2020年12月25日 3時37分JST) 
202012250332.jpg 202012250337.jpg

202012250509                          202012250513
202012250509.jpg 202012250513.jpg

202012251141                          202012251145
202012251141.jpg 202012251145.jpg

2020年12月26日(金)
202012260243                          202012260247
202012260243.jpg 202012260247.jpg

202012260424                          202012260428
202012260424.jpg 202012260428.jpg

202012260740                          202012260916
202012260740.jpg 202012260916.jpg

202012261058                          202012261053
202012260920.jpg 202012261053.jpg

202012261058                          202012261230
202012261058.jpg 202012261230.jpg

2020年12月27日(土)
202012270336                          202012270340
202012270336.jpg 202012270340.jpg

202012270652                          202012270829
202012270652.jpg 202012270829.jpg

202012270833                           202012271005 
202012270833.jpg 202012271005.jpg

202012271009                           202012271141
202012271009.jpg 202012271141.jpg

202012271145
202012271145.jpg

受信結果
  12枚中 11枚受信(番号不明 二枚)  → 更に12月28日以降も継続受信。
[ 2020/12/27 23:49 ] | TB(0) | CM(0)

50)久しぶりの裏山散歩

この時期から毎年、裏山に出かけることが多くなる季節でもあり、久しぶり(2019年)に裏山へ汗を流しに出かけた。
今の時期は花粉さえ飛ばなければ一年中で一番いい季節でもあるように思える。鶯の声、草花の咲き誇る季節でもある。もうしばらくすると桜の開花で近隣の桜並木も大勢の観光客でにぎあうことでしょう。今回(2019年3月26日)、裏山に出かけた時に咲いていた花をアップしてみた。

▼すいせん
すいせん

▼こぶし
こぶし

▼こぶしのつぼみ
こぶし-2

▼カタクリ-1
かたくり-2

▼カタクリ-2
かたくり-1
[ 2019/03/28 09:53 ] | TB(0) | CM(0)

49)国際宇宙ステーション(ISS)から送られて来た静止画像の掲載(二回目)

昨年暮れから自宅サーバートラブルや体調不良の為、ブログはすっかりサボっていたが、今年(2019年)に入って初めての掲載である。
今回は先に掲載した46)と同様であるが国際宇宙ステーション(ISS)から145.80MHZ FM MODE でSSTVを使用した静止画像が送られて来るというので再度、受信だけであるが、チャレンジしてみた。
日本上空に飛来した時に送信画像を送っていたが、受信するタイミングが悪く、全ての画像を受信することは出来なかった。今回は2種類の画像受信だけに留まった。

1)受信設備
 無線機:TS790
 アンテナ:11mH GP
 ソフトウェア:MMSSTV mode PD120 + パソコン dynabook N - 11 (Windows 10)

2)受信日時
 2019年2月10日 18:02 ~ 19:40

3) 受信画像は以下の通り  *左下の数字は受信日時を示す。
                   *右下の8/12とか6/12の数値は12種類中の何枚目であるかを示している。
 Hist11.jpg

Hist12.jpg

4)その他
 今回は日本上通過の時にタイミング良く画像受信出来たのは二枚に留まった。これ以上、良好にするには現在のGPアンテナでは限界がありそうで、矢張りアンテナの仰角とかビームを国際宇宙ステーションの軌道へ追従させるのが必須でありそうだ。
[ 2019/02/11 09:56 ] | TB(0) | CM(0)

42)インターネット未接続でのPC時計の管理方法

以前(50年ほど前)から趣味であるアマチュア無線の楽しみ方は近年、千差万別であることに気づく。
無線局を開局した当時は不特定多数の方と無線設備あるいは地域の紹介とかについて会話をして楽しむことが一般的であった。勿論、自分の電波が相手に対してどの程度の強さで届いているかは一番の関心事であった。
ところが、近年(ここ数年前から)、デジタル化の進歩もあり、相手の方と会話を楽しむより、省電力で如何に遠くへ自分の電波を飛ばしていわゆるパターン化(マクロ化を用意)された交信をするのが激増して来た。
相手のデジタル信号を受信(信号強度、グリッドロケータ、etc)して、相手に信号強度などをレポートする。更に相手局から自分の信号強度のレポートが送られてくる。
こういったやり取りは世界標準時を基準としたもので、無線設備にパソコン(ソフトウェアは勿論)を接続して運用するものであるが、パソコンに於ける時計管理(一般的に±0.5秒以内とも言われている)は必須条件となる。
インターネット回線が接続されているパソコンであれば容易にパソコンの時計管理することは出来るが、インターネット未接続(移動運用など)の場所では上記掲げたデジタル化に対応する交信手段が半減する。そこで色々な情報を検索するとネット回線を接続せず、GPSを受信してパソコンの時計管理させられることを知った。
今回、秋月電子製(製造:トライステート)の(新)GPS世界時計キットGPS受信機キット(製造:太陽誘電)の組合わせでGPSの信号を受信してパソコン時計の校正(OS:windows10) が可能かどうか?製作にトライしてみた。
キット製作は7割以上が予め既に部品は搭載されており、コネクター関係が自分で取り付けるようになっており、初心者でも容易に組み立て出来るようになっている。(詳細はキット購入時の説明書による。)
組み立てし、実際に動作させている様子は以下の通りです。

▼(新)GPS世界時計キット完成した状態(部品面): (取付けする部品はスイッチ・ボリウム・電解コンデンサ・コネクター・GPS受信機キット)
(新)GPS世界時計キット 完成(部品面)

▼(新)GPS世界時計キット完成した状態(半田面):半田面の部品取り付けはなし
GPS世界時計キット(半田面)

▼GPS 受信機キット完成した状態(説明書はコネクターを経由して時計キットに接続するようになっているが今回は直接半田付け)
GPS 受信機キット完成

▼キットの完成した状態(液晶表示器とバックアップ電池搭載)
キットの完成

▼実際に電源投入した状態(電源投入すると20~30秒程度でGPSに同期されLEDが1秒間隔で点滅開始し正常動作する。)
 表示しているのは日時表示画面であるが、緯度経度、4CHタイマーなどをスイッチによって切り替えることも出来る。
動作中の様子

▼完成したキットをケースに収納した状態(持ち運びを容易にする為にケースに収納。パソコンに接続するRS232Cケーブルと外部から電源供給するケーブルがある。)
完成品ケースに収納

▼ソフトウェアのインストール(一部、秋月電子HP記事拝見)
フリーソフトでGPSへ接続してPC時計管理するものとしてwebで検索した結果、国内のものでは2~3件 しか見当たらずいずれもチャレジしてみましたが、今回製作したキットでは十分にGPS信号と同期を得ることは出ませんでした。(設置場所にもよりますが、正常動作せず)
秋月電子が推奨しているMINI GPS(Windows10対応)というソフトウェアは確実に同期が得られ、中々、GOODです。
秋月電子のHPからzip型式ファルをダウンロードして解凍後、インストールしてみて下さい。(操作は簡単に出来ると思いますよ。)

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09991/ ← ここを コピ/ペーストして実行すると以下の画面が出ます。


GPS動作ソフトウェア

▼今回のキット組み立てとMINI GPSというソフトウェアの組み合わせで、PCの時計管理した結果、GPS信号を確実に受信出来、WEB未接続でも正確に時計管理することが出来た。
但し、今回製作したキットをアマチュア無線設備に接続して使用した場合、送信状態にすると(wsjt-x、hb9hqxなど)、送信の途中で送信が強制終了されるとかで・・・・回り込みが発生した。
(このことは必ずも全てに同じ状態が発生するとは限りせんが・・・・製作したキットの置く場所などにも異なると思います。)

原因を調べましたら製作キットに外部から供給する電源ライン(今回はアダプターで+24V供給)に回り込んでいるようで、その対策として電源供給部分のコードにフェライトコア(型番は不明)を挿入することで解決しました。(あくまでも・・・参考です。)

インターネット回線が整備されていない場所でも楽しいデジタルアマチュア無線(soft:WSJT,JTDX,HB9HQX,etc)を楽しむことが出来ますよ。興味ある方は是非、チャレンジして見て下さい。

追記: 上記、掲載内容は現在の時刻などもモニター出来るよう(新)GPS世界時計キットとGPS信号受信キットとの組み合わせにして製作したものですが、モニターはせずPCの時計表示だけで十分だと思われる方はGPS受信機キットからの信号をPCと直接やり取りするだけでもPCの時計管理は可能だと思われます。(2018/5/9 追記)

40)今年もようやく春がやって来ました。

寒かった冬も過ぎ、ようやく一年で私としては一番いい季節がやって来た。そこで近くにある城址公園を散策しながら花見を楽しんで来た(2018年4月3日)。いつもの年に比べ、桜の開花、そして満開になる時期としては半月ほど早いと言う。自宅から城址公園頂上までは徒歩で一時間ほど。当日は風も無く穏やかで晴天にも恵まれ遠くの山々迄、撮影が出来た。
当日のスナップは以下の通りである。

城址公園中腹からの一目千本桜
一目千本桜

歩道橋からの一目千本桜
橋からの一目千本桜

城址公園頂上からの一目千本桜
城址公園頂上からの一目千本桜

蔵王連邦バックにした一目千本桜
バック蔵王連峰

旧四号線・東北本線隣接の桜並木
東北本線と桜並木

城址公園のすだれ桜
城址公園すだれ桜

色々な花の代表として『すいせん』
水仙-1

やっぱりこの時期、花粉症も酷ですが、天気のいい日は散策が一番ですね。
[ 2018/04/08 14:44 ] | TB(0) | CM(0)