カウンターカウンター
カウンター カウンター
sono of blog (update 2019/8/26) 里山山行
FC2ブログ




14)宮城県 『権現森:ごんげんもり』 里山山行

新年(2014年)になって里山へ行くのは今回で二回目。今年の年始はいずれも晴天に恵まれ家の中でごろごろするよりも里山で汗を流すことの必要性を感じて主に近隣の里山を選択。今回は仙台市西部郊外にある小連峰の権現森(ごんげんもり) 標高314m に出かけることにした。
自宅から車で50分ほどで登山口に到着する。権現森は仙台と山形を結ぶ仙山線陸前落合駅の西側に面し、広瀬川を渡って右折し、しばらく行くと『見晴らしの森』の石碑がある。その場所が登山口の葛岡コース登り口であるが、近くには駐車場が無いので車で行くには近くの空き地などに止めなくてはならない。登山コースとしては五ヵ所あるらしいがこのコースが一番整備されているとか・・・・・。

1)日時:2014年1月4日(土) am 10:20 ~ 12:30
2)場所:宮城県仙台市青葉区 『権現森:ごんげんもり』
3)天候:晴れ
4)所要時間: 往復 ≒ 二時間程度

■判り難い登山口:(右下が広瀬川。100m程しばらく手前側から道路を歩く)
登り口手前道路

■葛岡登山コースの登口(見晴らしの森の石碑がある)
登山入口

■登山コースの案内図(今回は矢印方向の往復路を選択。途中、南峰にある松尾神社に寄ることとした。)
案内図

■登山口登って直ぐの所
登って直ぐの所

■しばらく(15分程)登ると『もみの木広場』がある。
もみの木広場

■登る途中、左側に権現森頂上が見えてくる。
目指す頂上

■松尾神社入口の三差路(右方向へ登る)
松尾神社への標識

■途中にあるカラマツ三兄弟(名称がユウモア・・・・)
カラマツ三兄弟

■ここからしばらく(10分程度)登ると松尾神社へ到着。(標高:293.7m)
松尾神社

■松尾神社周辺にある看板
松尾神社側の看板

■松尾神社直ぐ側の中継局鉄塔(目印にもなりそう)
松尾神社側の鉄塔

■松尾神社からの眺め(観音様が見えている。この方向下側は東北自動車道と北環状線が走っている)
松尾神社から望む観音様

■松尾神社を背に下り、活牛寺コースから頂上を目指す。途中のカタクリ園標識。ここの歩道はほとんど平坦地になっている。(春にはカタクリの群生が見られそう?)
カタクリ園標識

■カラマツ通りの標識(両脇にカラマツ)
アカマツ通り

■歩道にはこんなものが。(おじゃま石)
おじゃま石

■活牛寺・権現森への標識
権現森への標識

■向田口方面(権現森コース)との交差点標識(ここまで来れば頂上は直ぐ。(この左下側には射撃場があるので時々、迫力満点の射撃の音が聞こえてくる。)
向田口と頂上の分岐点標識

■頂上直下にある看板
東屋直下の看板

■頂上直下にある丸太椅子(この椅子は近くの小学生が製作したとか・・・設置するのに大変だっただろうね。感謝、感謝)
東屋直下にある丸太椅子

■頂上までの標識(頂上には東屋がある)
頂上直下の標識

■頂上(東屋が頂上になっていてその中に標高 314mの標識がある。頂上からの展望は望めない)
頂上にある東屋

■頂上から少し下がった(丸太椅子設置場所)箇所から遠くまでの絶景が望める。(南西側)
頂上からの絶景

■頂上から少し下がった(丸太椅子設置場所)箇所から『戸神山』も望める。
頂上からの戸神山

■下りは活牛寺には行かず活牛寺コースから葛岡コースを逆戻りする。(途中、西側歩道には多くの残雪があった。)
西側には雪が・・

※ここの名称は松尾権現という人の名から付けられたというが、何故か『見晴らしの森』とも言われている。周辺は宅地開発が進み森林は激減している場所でもある。近くに駐車場、トイレなどはないので車で行く場合は、登り口から少し離れた場所に駐車するつもりで行くことを覚悟しなければならない。
今回のコースは歩道も整備されているので気楽に出かけられる場所でもある。

スポンサーサイト



[ 2014/01/05 19:24 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)

13)宮城県  『岩岳:いわだけ』 里山山行

新年明けましておめでとうございます。
新年(2014年)早々、自宅から車で40分程の所にある宮城県でも南部の阿武隈山地北部の『岩岳:いわだけ』にでかけてみた。この山はクライミングの岩場として知られた山で標高は430m。名前のごとく巨岩があらゆるところにある。登山口は三ヵ所あり、いたる所に標識など整備され初心者、子供連れでも楽しめる場所でもある。今回は第三登山口である県道45号線沿いの離森バス停から川を渡り、羽山神社の鳥居をくぐり登山道に入り、岩岳本峰までの往復とした。

1)日時:2014年1月1日(日) am 9:20 ~ 10:50
2)場所:宮城県丸森町 『岩岳:いわだけ』
3)天候:晴れ(若干風強し)
4)所要時間: 登り ≒40分

■今回の登山ルート(矢印のある場所を往復)
画面右上の東屋とバス停は登山入口の直ぐ側にある。駐車場は東屋の手前にあり十数台駐車することが出来る。尚、この場所にはトイレはない。
登山口案内版

■登山入口に入る前に石橋を渡る。
入口の橋

■右側に行くと羽山神社鳥居がある。
羽山神社鳥居

■羽山神社鳥居の前には岩岳本峰の標識がある。
岩岳標識

■登山入口登って直ぐの場所(何故か登り口に残雪が残っていた)
登り口直ぐの所

■白い道標があらゆる所にある
目印

■整備された階段の登りが続く-1(平坦地は全体の三割程度で殆どが階段)
階段1

■ 巨岩-1
巨岩-1

■ 巨岩-2
巨岩-2

■整備された階段の登りが続く-2
階段-2

■岩岳本峰まで780mの標識
残り780m

■岩岳本峰まで450mの標識
残り450m

■ 巨岩-3
巨岩-4

■岩岳本峰まで200mの標識(第一登山入口との分岐点)
残り200m

■途中二箇所?に祠がある
祠-2

■頂上にある祠
山頂の祠

■頂上からの絶景(方向は阿武隈山系を望む)
頂上からの絶景-1

※登り口を過ぎると直ぐに整備された階段が続く。直登に近い部分が多いのでゆっくり登れば楽しい山でもある。頂上からの眺めは絶景である。一度行かれてはどうでしょうか?

[ 2014/01/05 13:20 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)

12)山形県高畠町:小湯山(こようさん)里山山行


紅葉を見るのは時期としてはちょっと遅いぐらいであるが、里山ではまだ期待が出来そうなので自宅から車で1時間半程度の距離にある里山に出かけてみた。今回は山形県高畠町にある小湯山(こようさん)で、標高は800m程度。ハイキングを楽むにはもってこいの場所であるという。この小湯山は古くは木霊信仰の奥の院、近世では神仏習会の庶民信仰とされ、凝灰岩が長い年月で風化し、浸食して出来た山で、多数の奇岩怪岩があり信仰を集めた山でもある。山腹には65の岩穴に300体を超える高さ50cm以内の石神や石仏が祀ってある。
周回コースの歩道は整備され、大師岩、烏帽子岩などの岩穴に安置された石神仏を見て回ることが出来る。コースは周回コースでゆっくり歩いても1時間半ほどで回ることが出来る。駐車場から左回りのコースを選び、五輪岩→里見岩→コウモリ岩の順路で歩き、注目の石神仏群を近場で拝見することが出来る。

1)日時:2013年11月24日(日) am 9:50 ~ 11:30
2)場所:『小湯山(こようさん)』 山形県高畠町二井宿(キャンプ場が目印)
3)天候:雨のち晴れ

■登山入口の案内図(ちょっと見ずらいがあると便利)
登山入口の案内図

■案内図近くにある石神石佛碑
石神石佛

■史跡の標識
史跡の標識

■少し登った所(5~6分)に石仏安置箇所の標識がある。(ここの右奥に石神仏がある。)
石仏安置箇所標識

■一番最初の石仏安置
石仏安置①

■二番目・・・・
石仏安置②

■三番目・・・ (このように石神や石仏が)
石仏安置③

■大師岩の安置箇所
大師岩安置箇所

■烏帽子岩
烏帽子岩

■舞茸岩
舞茸岩

■石仏安置の一番多い岩(奥の院 付近? 混合して分布)
石仏安置④一番多い箇所

■奥の院の標識か(見晴岩近辺)?
奥の院?

■見晴岩からの紅葉と二井宿村山村の景色(念願の紅葉も満喫出来た)
頂上付近からの二井宿山村


*標高は800mであるが、頂上までは上がらず中腹の周回コースなのでハイキングの気分で楽しむことが出来た。新緑の時期、紅葉の時期は家族でも楽しめそうである。
登山入口には十数台の駐車場も完備しているので気楽に行ける場所でもある。

[ 2013/12/01 07:49 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)

11)米沢市 一念峰 里山

今回は山形県米沢市と高畠町の境界に跨る一念峰(いちねんほう)と呼ばれる岩山に出かけてみた。
昔話ではこの山は慈覚大師(天台宗総本山比叡山延暦寺の第三代座主)が、出羽の山寺(立石寺)を創建されたが、その途中、一念峰」の奇岩怪石の景勝地に参籠され、一年間弟子と共に起居し、座禅三昧に日を過ごしたようである。その後、山寺に行ったということで有名となり、一年いたから一念峰という呼び名が付いたとか・・・・近年では山形県の百景に選ばれたそうである。

霊山として、畏敬の仏山として崇拝されて来た山でもあり、獅子岩とか、護摩壇磐とか、紙飛び岩とか巨岩には名が付いており、お不動尊も祀ってあるのは、地元の方々の信仰が物語っているようです。

1)日時:2013年11月2日(土) am 9:00 ~ 10:30
2)場所:『一念峰(いちねんほう)』
     山形県米沢市(宮城県七ヶ宿から山形県高畠町に抜けるR113から山形県の県道1号線を南下すると小さい標識がある)
3)標高:470m (登り始めてから頂上付近までは30分程度で登れる)
4)天候:曇りのち晴れ


■ MAP (一念峰周辺)
MAP.jpg

■登り口が分かりづらいのでいくつか以下の通り紹介する。ここの部落は上海上(かみかいしょう)で周辺はのどかな田園風景が広がっている。

①登山入口にある標識
登山入口の目印②

②上記標識の所を入るとこのようになっている。
登山入口

③登山口周辺には整備された駐車場は特に無いので路肩へ駐車する為の目印(貯水池?)
登山入口の目印

■登山口入って直ぐの所(左側に神社などあるが、見向きもせず直進する。)
登山入口から入った所

■5分ほど行くと寺院跡と思わせる石灯籠がある。
しばらく行くと灯篭目印

■以下の写真は順序不同である。
屏風岩
屏風岩

幕岩
幕岩

雲岩
雲岩

梯子岩(この右側にある鎖と梯子で登っていく)
梯子岩

頂上の岩場(この頂上には行くことが出来ない)
頂上の岩場

頂上と獅子岩のコラボ
頂上と獅子岩

縁結び岩
縁結び岩

獅子岩
師子岩

合掌岩
合掌岩

護摩壇岩
護摩壇岩

頂上直下岩場からの西側絶景
頂上直下岩場からの絶景①

頂上直下岩場からの東側絶景
頂上直下岩場からの絶景②

登る途中にちょっとした鉄の鎖、鉄の梯子などが設置されており、岩の間をくぐり抜ける等のスリルが楽しめる場所でもあり、連続した岩場が眺められ迫力満点の山でもあります。
[ 2013/12/01 07:48 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)

10)里山山行:薬莱山とやくらいガーデン


今年の夏は随分、長い期間、猛暑が続き先日の18号台風通過と共に一気に秋めいて朝晩はすっかり涼しさを感じる時期となりましたが、久しぶりに天気も良いので宮城県北部にある薬莱山へ登り汗を流し、帰りにはその側にある『やくらいガーデン』を散策して来ましたので、その内容を下記の通り紹介します。

1)日時:2013年9月21日(土) am 10:00 ~ 14:00
2)場所:『薬莱山』 宮城県加美町

『薬莱山』は町のほぼ中央にそびえ、別名「加美富士」とも呼ばれ親しまれている円錐形の山です。登山口に整備された駐車場もあり、頂上までは≒1.5Km、706段の階段を直登で45分程度。標高:553m。

天平時代、多賀城の鎮守府将軍・大野東人(おおのあずまんど)が秋田への道を造るためこの山の頂上に薬師如来を祭ったとか・・・坂上田村麻呂が射た矢がこの山でなくなったので矢喰(やくらい)山になったとか言われている。登山コースはスキー場脇の左側から鳥井登山口から45分で山頂へ。

■道路沿いにあるやくらい遊歩道の看板
やくらい遊歩道看板

■やくらいスキー場側にある鳥居(ここの舗装道路左側に登山用歩道がある)
少しだけであるが林道を登る。
登り口入口鳥居

■舗装道路が過ぎて登山入口の鳥居(ここが正規の登山口)
登山登り口鳥居

■登山口から連続した706段の階段が続く(薬莱山で一番きつい場所:50段ごとに標識がある)
連続した階段


■706段の階段があって50段ごと標識がある。350段目通過の看板(何処まで登ったかの目安になる)
706段階段の通過看板

■階段の最後の標識(ゴール)を見ると、思わず嬉しくなってしまう。
階段ゴール看板

■山頂まもない標識
山頂直前標識

■山頂(立派な立石の標識)
立派な山頂標識

■頂上からの眺望(右側:大崎平野)
刈り入れ間近で黄金色に輝いている部分が美しい。この日は遠くが霞んでいた。
山頂から望む大崎平野

【下りは北斜面側にある通りを下り30分程で上り坂となっている舗装道路に出る。】


◆下山後、『やくらいガーデン』を散策
この場所は某ハウスメーカーが経営しており四季それぞれの美しさを彩せられるガーデンで5haの敷地に春はクロッカスやチューリップ、梅雨時は160種類のバラ、夏はラベンダー、バラなど、夏から秋にかけてはコスモスなど色鮮やかな花々が堪能出来る。また丘の上には光と緑の教会があり結婚式場も用意されている。入場料大人一人700円を払って園内に入る。(営業は4月中旬~11月末日)

■ガーデン入口の看板
ガーデン入口看板

■ゲート入って直ぐのローズガーデン
ローズガーデン

■イベント広場で・・・・
アンデスの響き(カルパンディーナ演奏会の模様)
アンデスの響き カンパンディーナ

■丘の上にある光と緑の教会(広大な丘の上でのウェーデングはどう?)
丘の上の教会

■別部分の丘の上からの薬莱山
丘の上からの薬莱山

■整然と整備された花畑(phot1~3)
整然と整備されて花畑1
整然と整備された花畑2
整然と整備された花畑3

あなたも一度はたずねてみてはどうでしょうか?自然を満喫出来ますよ。
[ 2013/09/23 10:42 ] 里山山行 | TB(0) | CM(0)